同窓会長あいさつ

HOME > 同窓会長あいさつ

静岡大学農学部同窓会へようこそ

同窓会長の挨拶

Fukumurakaicho.jpg 静岡大学農学部は、昭和22年4月に県立静岡農林専門学校が設置され、同5月に静岡農林専門学校が開校したことに始まります。大戦後の混乱期にあって殖産興業の熱意と農学への意欲は高いものがありました。昭和23年学生寮を「遷喬寮」と命名しました。この遷喬寮の寮歌が、農学部同窓生の愛唱歌として引き継がれています。

 昭和25年4月に県立静岡農科大学が設置され、第一回の入学式が執り行われました。農科大学の国立移管昇格の方針を受けて、昭和26年4月に静岡大学農学部が発足し、農学科と林学科が設置されました。これで、静岡大学は、文理学部、教育学部、工学部を加えた4学部の大学に成長しました。また、昭和28年 4月に農芸化学科が設置され、農学部としての大学全体像が整いました。この時に合せ、昭和29年8月に静岡大学農学部同窓会は発足しました。

 昭和48年4月に静岡大学農学部は磐田市から静岡市に移転し、現在に至っています。静岡大学農学部が開校された場所は、磐田郡磐田町見付(現磐田市見付)で、現在その地に「しじまの森」の石碑が建立されています。その静岡大学農学部の広大な跡地は、県立農業試験場と磐田市の公園となっています。

 この間、日本の世界に冠たる高度経済成長を成し遂げて平成の時代を向かえ、静岡大学農学部も時代の要請と技術革新により研究と教育内容は充実し大きくなり、建学の精神に則り有能な人材を育み、学界、官界、経済界など各分野と職域に、数多くの業績を重ね、活躍されていることは、同窓の一員として、この上ない喜びと誇りに思う次第であります。

 現在、静岡大学農学部同窓会は、静岡県支部の活動を母体にして、関東支部、中部支部などの活動をすすめ、今後とも、同窓生の皆様と頻繁に交流が出来るよう体制の強化を進めて参ります。皆様のご活躍を大いにご期待申し上げます。

 静岡大学農学部同窓会ホームページ開設に当り、静岡大学農学部が益々発展し、21世紀の衣食住文化の指導的役割が果たせますよう、また、同窓会会員同士の交流が一層活発になることを心から願って、ご挨拶とします。
 福村徳三郎(農学科第15回卒)